TOP

様々な化粧品に関するお役立ち情報を当サイト「これでわかった化粧品情報局」でお届けしています。
皆様の様々な悩みの解決に繋がる情報がいっぱいです。

皮下組織の役割ですけど、皮下組織には、毛細血管とリンパ管があって、老廃物を排泄し栄養を送り出す役割をしています。リンパが詰まるとよく耳にしますね。

表皮は次のように4層からできており、基底層から角質層にかけて徐々に押し上げられ、皮脂になり、バリア機能を果たした後、角質が垢となり剥がれ落ちます。真皮の役割をご紹介します。

表皮はお肌のバリアです。リンパが詰まり、リンパ液の流れが滞ると、老廃物が排泄されませんのでニキビやいろんな肌トラブルの原因となるのでしょう。

外的刺激(紫外線やほこり、細菌など)からお肌を守る役割をしています。これがお肌の新陳代謝、「ターンオーバー」です。

ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンは網状構造になりまして、お肌のバネの役割をし、ハリや弾力を保つのに必要なものでしょう。お風呂に入っている時や、日々のスキンケアの際にマッサージをしてあげると詰まっていた老廃物は排泄されていますので、リンパは意識して流すようにしよう。

これらが破壊させられるとたるみやしわの原因となってくるので若々しいお肌を保つためにはとっても重要な役割がある場所です。コラーゲンやエラスチンは紫外線により破壊されますので、紫外線には注意が必要です。

乾燥からお肌を守るセラミドはスポンジみたいに水分を保持してもらう役割があるのです。真皮では、線維芽細胞によりヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンが作り出されます。

毛細血管で、お肌に栄養を送り込み、リンパ管で老廃物を排泄します。お肌の構造は如何になのかしっていますか?皮膚は大きく3層に分かれていまして、皮下組織・真皮・表皮の順にできているのです。

return top