化粧品ならなるべくノンアルコールなものを

2-09

殺菌作用があって、毛穴を引き締める蜿取魔作用と清涼作用がから、脂性肌・ニキビ用化粧水によく使われていましています。こにみようかな成分が含まれるものということは、基礎的にお肌が乾燥しましたり、トラブルが起こりやすい肌質をつくる原因になりましていくこととします。

アルコールは揮発性が高くなったので皮膚の水分をあわせて持っていってしまいましたとして保護膜を破壊してしまいましているのです。保湿成分を入れて水分が奪われないような工夫がさているアルコール入り化粧水を否定はしませんが、バリヤゾーンに影響があるので使用の仕方に注意してほしい。

エタノールがエチルアルコール、イソプロパノールならイソプロピルアルコール、変性アルコールはアルコールを変化させてみたものになるのでしょう。そうやることで、よりお肌を純良状態で維持出来るようになるんです。

ちょっとした選び方がとっても重要になるんです。ニキビの方も皮膚科の治療以外は避けたほうが無難です。

全成分表示ではアルコールはこのように表示されます。ふつうの化粧水にもアルコールは殺菌作用があるのその為、保存料として配合されてるものがかなりあげられます。

普通肌・乾燥肌・超乾燥肌の方、敏感性やトラブルを所持してる方はアルコール入りの化粧水は使わないようにしてください。折り入って男性用の化粧水や欧米のメーカーでは当たり前みたいに使われています。

ですから、出来るだけこういう成分が含まれるものが含む化粧品は使用しないようにしてみてほしい。

関連記事

コメントは利用できません。

return top